League of Legends推奨スペック

League of Legends、通称LoLが世界中で大流行しています。過去にここまでRTSのジャンルが流行ったことがあったでしょうか。プロゲーマーの大会賞金も1億円を突破したとニュースになったくらいです。でも日本でRTSなんてプレイする人はいるかが疑問でした。スタークラフト、ウォークラフト、エイジオブエンパイアなど有名なRTSはただの一度も流行りませんでした。私はRTSが好きですが、こんどこそは・・・と期待をかけていたのです。

すると意外なことに日本でも大会が開催されるほどプレイヤー数が増加しています。RTSはちまちまと生産するゲームが多い中、LoLはユニット同士の戦いだけにフォーカスしたおかげで、対戦型ハックアンドスラッシュのようなアクションゲームになりました。そうです、日本人はアクションゲームが大好きなのです。だから王道RTSは流行らなかったですが、アクション性がましたLoLなら初心者でも十分楽しめています。

もしもこれからLoLを始めようと思う初心者の方には、まずLoL推奨スペックと自分のパソコンのスペックを確認して欲しいですね。公式サイトに推奨スペックが掲載されていたのでご紹介します。

CPU:3GHz以上
メモリ:2GB以上
グラボ:GT8800以上、ビデオメモリ512BG以上
OS:Windows XP~7まで

どうですか?あなたのパソコンはこの推奨スペックを上回っていましたか?おそらくメモリとグラボは大丈夫でしょう。注意が必要なのはCPUとOSです。CPUは結構高めです。OSはWindows8が入っていません。

ではこの要求に答えられるパソコンはどこで買えばいいでしょうか。私はBTOメーカーのゲームPCをおすすめします。上記の推奨スペックなら10万円のゲームPCで大丈夫です。BTOメーカーならWindows7搭載のパソコンが購入できます。今なら10万円で3.5Ghz CPU、メモリ8GB、GTX760 ビデオメモリ2GBの構成が通販で購入できます。

LoL初心者はまずしっかりしたゲームPCを買って、快適にプレイできるようになってから練習したほうが上達が早いものです。ラグい状態で遊んでも一方的に負けるので楽しくありません。LoLはチーム戦ですから、味方の足を引っ張るのではなく、自分がチームを導けるくらいの実力をつけて欲しいです。そういう上級プレイヤーはハイスペックなゲームPCを使っています。でもいきなりそんな高いパソコンを買わなくても、10万円のゲームPCで充分です。

おすすめゲームPC.com
高性能ゲームPC